クレジットカード現金化を疑われる原因と対処法!疑われた時の言い訳&バレないための方法

クレジットカード現金化を疑われた

クレジットカードの現金化は法律的には違法ではありませんが、グレーな行為であることには変わり有りません。またカード会社は24時間365日常にカードの不正利用がないか監視をしています。

クレジットカードを現金化目的で利用するのはカード会社では利用規約違反ですので、最悪の場合カードの利用を停止されてしまいます。

この記事では、クレジットカード現金化を疑われた場合の対処法バレないための方法を併せて紹介します。万が一疑われてしまった時に慌てない為にも把握しておきましょう。

スペシャルクレジット
スペシャルクレジット 業界最高水準の高換金率!最短・最速でお得に現金化!夜間でも即時入金反映が可能♪

\今すぐ現金化/

公式サイトを見る

アーク
アーク 男性特別プランやその他のキャンペーンが充実している業者!

\今すぐ現金化/

公式サイトを見る

インパクト
インパクト現金化 最短5分で振込!最大換金率98.6%!新規限定で換金率2%アップ!

\今すぐ現金化/

公式サイトを見る

クレジットカード現金化を疑われたらどうなる?

クレジットカード現金化を疑われたらどうなる?

カード会社にクレジットカードの現金化を疑われたらどうなるのか気になる方は多いと思います。具体的にどういうことが起こるのか流れを解説していきます。

不正検知システムに引っかかる

不正検知システムに引っかかる

カード会社にクレジットカード現金化が疑われる一番多い理由として不正検知システムが反応することから始まります。

不正検知システムとはカード会社が24時間365日、カードの盗難や紛失により不正利用されていないか、現金化などの利用規約違反がないかを監視するシステムです。

このシステムに引っかかると一時的にカード利用が停止になってしまいます。

ですがあくまで不正利用や規約違反が疑われるだけであり、現金化がバレるというわけではありませんが細心の注意が必要ということは覚えておきましょう。

カード会社から確認の連絡がくる

カード会社から確認の連絡がくる

一時的にカードの利用が停止されるとカード会社から連絡が入ります。
利用状況の確認ですので対応してください。

よく聞かれる質問内容としては下記の通りです。

  • 最近カードの紛失や盗難に遭っていないか
  • 本人が商品を購入したか
  • 購入した商品の詳細
  • 商品購入の目的

この時に現金化目的の購入だとバレると強制解約や一括請求のペナルティが科せられます。

次の項目で疑われた場合の対処法について紹介します。

現金化を疑う電話が掛かってきた時のうまい言い訳

現金化を疑う電話が掛かってきた時のうまい言い訳
カード会社から電話がかかってきた時、うまく切り抜ける言い訳を、現金化のパターン別にご紹介していきます。

商品券・ギフト券での現金化がバレた時の言い訳

商品券・ギフト券での現金化がバレた時の言い訳
商品券・ギフト券は現金化での換金率が高いため、カード会社に怪しまれる商品の筆頭!そのため、これらを利用した現金化を検討する時点で、同時にバレた時の言い訳も考えておくのが無難です。

そもそも、商品券やギフト券が本来何のためのアイテムなのかを冷静に考えてみましょう。

人にプレゼントをするのに、自由度が高い生活に役立つ・誰がもらっても嬉しいものがいいけれど、現金をそのまま渡すのはあまりに品がない、現金そのままはトラブルの元になる、というシチュエーションで利用しますよね。

それを踏まえた「プレゼント」という用途で購入したと言い張れば、なんら違和感はありません。

言い訳の例としては

  • 結婚祝い(または快気祝いや引っ越し祝い)の返礼品です。
  • 同窓会での余興の景品として購入しました。
  • 運用しているSNSでのプレゼント企画のためにたくさん購入して配布しました。
Amazonギフト券の現金化がバレる理由は?バレない方法と対策について

Amazonギフト券の現金化がバレる理由は?バレない方法と対策について

続きを見る

ブランド品での現金化がバレた時の言い訳

ブランド品での現金化がバレた時の言い訳
ブランド品の現金化がバレる時というのは、普段ブランド品を購入しない人が突然購入したことで、購入履歴に違和感が生まれるから。それなら、「普段買わない人が買う理由」を作りだしてしまえばいいんです!

ここでもやっぱり、うまく切り抜けられる言い訳の代表はプレゼント目的でしょう。カード利用者のプロフィールと照らし合わせて不自然なブランドでも、カード会社は本人の対人関係まで追及することはできません。

そのブランド品の金額に応じて、贈る相手やそのシチュエーションまで設定しておけば完璧ですね。

たとえば次のような言い訳をしてみてはいかがでしょう。

  • 友達(または恋人や家族)へのプレゼントとして購入しました。
  • 普段こういうのは買わないんですが、どうしても気に入ってしまったので思い切って購入しました。

新幹線回数券での現金化がバレた時の言い訳

新幹線回数券での現金化がバレた時の言い訳
新幹線回数券も、クレカ現金化の人気商品で、カード会社に目をつけられる原因となりやすいアイテム。需要が高い商品であることを逆手にとって、なるべく不自然でない「複数の新幹線チケットが必要な理由」を設定しましょう。

  • 職場の異動先で出張が多いので、立て替えで購入しました。
  • 家族(または友達)と一緒に旅行することになったので、私が幹事としてまとめ買いしました。
  • 恋人ができたので、定期的に会いに行くために買いました。

このように、人数に違和感が生まれなければ団体旅行がもっとも無難ですし、話すのが恥ずかしくなければ架空の恋人を作ると、カード会社側もあまりツッコんで聞きづらいのでアリです!

家電製品での現金化がバレた時の言い訳

家電製品での現金化がバレた時の言い訳
家電製品も最近は高価なものが多く、特別裕福でない層でも大枚はたいて高級品を飼うことも珍しくないですが、普段のカードの使い方と比べて明らかに浮くのであれば、カード会社に疑われる可能性もゼロではありません。

現金化を疑われた時点で、自分で使う用の購入としては考えにくい…とカード会社に思われています。よってこの場合も、プレゼント目的で購入したという言い訳で切り抜けましょう!

主な言い訳としては次の通り。

  • 内輪のイベントのプレゼント企画の景品として購入しました。
  • 結婚した友達(または兄弟や親戚)へのプレゼントにしました。

現金化業者での現金化がバレた時の言い訳

現金化業者での現金化がバレた時の言い訳
現金化業者を利用するなら、その業者にあらかじめ言い訳を聞いておくのがベストです。業者側も、利用者のクレカ現金化がバレて利用停止になる「カード事故」は、信用にかかわるので絶対に避けたいもの。

巧妙にカモフラージュしていますし、利用者側にも親身になってアドバイスしてくれることでしょう。

買取形式でない、キャッシュバック形式を採用している現金化業者は、ネットショップという建前を取っています。

したがって自分で言い訳を考えるのなら、何を購入した形になるのかを把握しておき、「ネットショップで○○を購入しました。」と言い訳すればOKです!

ポイント

カード会社に現金化を疑われた際、カギとなるのが「その商品を購入した理由」。そのストーリーがしっかりしていれば、カード会社も深く追及せず疑いも晴れること間違いナシです。現金化がバレても誤魔化しきるために、あなたがそうしても違和感のないストーリーを練りあげましょう!

クレジットカード現金化を疑われた場合の対処法

クレジットカード現金化を疑われた場合の対処法

カード会社から連絡がきた場合どのように対処するのがいいかお答えします。

現金化目的で利用したことは言わない

現金化目的で利用したことは言わない

必ずしも現金化を疑って電話をかけてくるわけではありません。

当たり前ですが現金化目的で商品を購入したことは素直に言うことだけは絶対にしてはいけません。なぜならカード会社には現金化目的で商品を購入したか否かは確認する術がありません。

もしカード会社に「現金化目的で商品を購入したか?」と聞かれても「違う」とはっきり伝えて下さい。

カード会社もそれ以上追求してくることはありません。

クレジットカード現金化サイトで購入した商品を詳細に覚えておく

購入した商品を詳細に覚えておく

現金化目的で購入した商品を詳細に覚えておくことも必須です。

もし購入した商品を覚えていなかったり、名前を間違ってしまった場合さすがにカード会社に怪しまれてしまいます。

そうならない為にも購入した商品の詳細は覚えておいてくださいね。

とくにキャッシュバック方式で現金化を利用した場合は利用した業者に送られてくる商品の確認を忘れずに行いましょう。

現金化以外の理由で利用停止になっている場合

現金化以外の理由で利用停止になっている場合

前途でも述べたように、カード会社は現金化を疑って連絡をしてくるわけではありません。
もしかすると、現金化以外の理由で利用停止になっている場合もあります。
その場合に「現金化」なんて単語を出してしまっては本末転倒、一発で疑われてしまいます。

利用停止になる原因は下記のようなものがあるのでチェックしてみてください。
  • 第三者による不正利用
  • 支払いの遅延
  • 数回にわたる暗証番号入力ミス
  • 利用限度額を超えている
  • カードの有効期限切れ
こちらも併せて確認してみてくださいね。

クレジットカード現金化を疑われやすい原因

クレジットカード現金化を疑われやすい原因

どういった状況の場合現金化の疑いをかけられやすいのかまとめてみました。

キャッシング枠を使いきっている人は要注意

キャッシング枠を使いきっている

カード会社はキャッシング枠を使いきっている人の利用状況を注意深く監視しています。

なぜかというと現金化を利用している人の特徴としてキャッシング枠を使いきってしまっている方が多いのげ理由です。

普通の人はキャッシング枠を圧迫しているにもかかわらず、ショッピング枠を利用するなんて無理な使い方はしません。

だから余計にキャッシングの利用が多い人はシステムに引っかかるようになっています。

換金率が高い商品ばかりを購入している

換金率が高い商品ばかりを購入している

新幹線の回数券や金券、ブランド商品など換金率の高いものばかりを購入している方は怪しまれます。

とくに、新幹線の回数券は昔から現金化に利用されているので、カード会社のチェックが厳しいです。

リスクを回避するためにも換金率の高い商品の購入ばかりするのはおすすめできません。

支払いの滞納が多い

支払いの滞納が多い

普段からカード会社への支払いを滞納している人は特に目を付けられているので注意が必要。

最近支払いを遅延・滞納した方は高額の現金化はしない方がいいですよ。最悪の場合強制解約や一括請求などのペナルティを背負うことになります。

カード会社に現金化がバレないようにする対策とは

現金化がバレないようにする対策

現金化がバレない対策として、現金化の疑いをかけられないのが一番です。

上記で述べたようなリスクを負う必要なく現金化を利用するための方法3つを紹介します。
  • 高額な現金化は行わない
  • キャッシュバック方式の現金化業者を利用する
  • 大手現金化業者を利用する

高額な現金化は行わない

現金化を疑われる原因として多いのが換金率の高い商品を購入し現金化を行うことです。

最初から高額な商品を購入しないことで、現金化の疑いをかけられるリスクがぐっと下がります。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する

現金化を利用する場合はキャッシュバック方式の業者を利用しましょう。

キャッシュバック方式なら換金率の高い商品購入に比べて、不正利用検知システムに感知されにくいメリットがあります。

大手現金化業者を利用する

現金化を安全に行うためには大手現金化業者を利用するのがおすすめです。

とくにカードトラブルゼロの老舗現金化業者なら利用停止などのリスクを低く利用することができます。

安心して利用できる業者を見つけて安全に現金化を行いましょう。

クレジットカード現金化を疑われる原因と対処法まとめ

クレジットカード現金化を疑われる原因と対処法まとめ
現金化を疑われてしまったら、焦ってしまう方が殆どだと思いますが落ち着いて対応しましょう。

一番いいのは疑われないように現金化を利用することです。

キャッシュバック方式を利用したり、換金率の高い商品の購入を避けたりして利用するのがおすすめです。

万が一の時のために対処法は知っておいて損はないのでこの記事参考にしてみてくださいね。

以上、クレジットカード現金化を疑われる原因と対処法!疑われた時の言い訳&バレないための方法…でした。

© 2021 クレジットカード現金化レビュー.jp

24時間受付!換金率最大100%「スペシャルクレジット」(^^ゞ
換金率最大100%(^^ゞ
スペシャルクレジットの公式