クレジットカード現金化で失敗する原因!失敗した人の特徴と対策

クレジットカード現金化で失敗するのはなぜ?失敗する原因

この記事では、クレジットカード現金化でありがちな失敗と原因、そのような失敗をしないための対策について説明します。

初めてクレジットカード現金化をするという人や、クレジットカード現金化での失敗が不安な人は最後までじっくり読んでください。

クレジットカード現金化における失敗とは

クレジットカード会社に現金化したことがバレる

クレジットカード現金化は違法行為ではありませんが、カード会社では禁止行為とされています。

もしカード会社の調査が入り現金化をしたことが発覚すると、カードが利用停止となり使えなくなってしまいます。

このような失敗は、素人が自分でクレジットカード現金化をしたり、安全性の低いクレジットカード現金化業者を利用することで起こりやすいです。

クレジットカード現金化を疑われた場合の対処法!疑われる原因とバレないための方法

家族に現金化したことがバレてしまう

クレジットカード現金化をしたことを家族に知られたくないという人は多いです。

しかし、クレジットカード現金化をする時に購入した商品が自宅に届いた際に家族から怪しまれてしまうことがあります。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化サービスを利用した場合、後日商品が送られてくるのでこのような失敗があります。

使いすぎて翌月に支払いができない

クレジットカード現金化は、その場では現金を調達することができたとしても、翌月あるいは翌々月にクレジットカード会社から請求が来ます。

そのことを忘れていると、使い過ぎてしまい後日クレジットカードの支払い請求が来た際にお金が残っていなくて払うことができないという事態に陥ります。

クレジットカード現金化で失敗する原因

クレジットカード現金化業をちゃんと選んでいない

クレジットカード現金化業者は非常に数多くあります。

悪質な業者を選んでしまうともちろん被害に遭うリスクが高いですが、そこまでではなくても信用性の低い業者を選ぶことでトラブルに巻き込まれる可能性があります。

また、優良店であってもサービスの仕組みが自分の希望する現金化と合っていない場合もあります。

クレジットカード現金化業者は慎重に選ぶ必要があります。

クレジットカード現金化優良店を見分けるポイント5つ

購入する商品選びでミスをしている

自分でクレジットカード現金化をしようとして商品を購入したものの、高く売れると思っていた商品が思いの外高く売れずに大きな損をしてしまうことがあります。

特に、普段自分が購入することのないような商品を大量に購入すると大失敗する可能性があります。

金券やチケットは換金性が高いですが、頻繁に購入することでカード会社の調査が入りやすくなります。

換金率の高い商品ベスト5!クレジットカードで買えて高く売れるものとは

クレジットカード現金化のやりすぎ

クレジットカード現金化が便利な手段だからといって何度も高額で利用すると、クレジットカード会社から現金化目的とみなされてカード利用停止になることがあります。

また、高額でクレジットカード現金化をするとカードの支払い請求日に支払うことができないということもありえます。

クレジットカード現金化業者を利用して失敗したケース

換金率が聞いていたよりも低かった

クレジットカード現金化業者の公式サイトで記載されているよりも換金率が低いというケースはよくあります。

スタッフに説明されていたよりも振込金額が低いという場合には、振込手数料など手数料が引かれている場合もあります。

換金率や振込金額については事前にしっかりスタッフの説明を聞いて確認しておく必要がありますが、信用性の低いクレジットカード現金化業者を利用した場合、実際の換金率が大きく異なるというトラブルもあります。

クレジットカード現金化で後悔した?その原因と後悔しないためのポイント

振込まれず詐欺に遭った

残念ながら、クレジットカード現金化業者の中には悪質な詐欺行為を行いをする業者が紛れ込んでいる可能性もあります。

よく調べずにそのような業者を利用してしまうと、クレジットカード決済をしたのに現金がいつまでも振り込まれないという被害に遭う危険性があります。

カード会社にバレてカードが利用停止になる

クレジットカード現金化業者では、現金化目的でクレジットカードを利用することを規約で禁止しています。

換金性の高い商品を不自然な金額・頻度で購入したり、安全性の低いクレジットカード現金化業者を利用すると、クレジットカード会社に現金化をしたことがバレてしまうリスクがあります。

後日商品を受け取らずに契約破棄になる

クレジットカード現金化業者を利用する場合、必ず業者と商品のやり取りをする必要があります。

特に、キャッシュバック方式の現金化サービスを提供している業者を利用すると、後日購入した商品が自宅に届きます。

これを受け取らないと取引が完了しないため、契約破棄として現金の返還を求められる可能性があります。

現金化の「キャッシュバック式」と「買取式」の違い

振り込みまでに時間がかかり間に合わなかった

急な事情がありクレジットカード現金化業者を利用したものの、振り込みまでに思っていたよりもかなり時間がかかってしまうことがあります。

最終的には現金が振り込まれても、必要な時に現金が用意できず利用した意味がなかった、というパターンもあります。

このようなクレジットカード現金化の失敗は、安全性の高いクレジットカード現金化業者や、自分に合った現金化業者を選ばないことでよく起こります。

失敗を防ぐためには、慎重にクレジットカード現金化業者を選ぶことが重要です。

クレジットカード現金化利用者が覚えておきたいリスク

クレジットカード現金化で失敗しないための対策

運営実績が長い老舗業者を利用する

運営実績の長いクレジットカード現金化業者は、悪質な業者ではなく、詐欺やトラブルの心配がないということがわかります。

運営年数については公式サイトの設立年月を確認すればわかりますし、老舗のクレジットカード現金化業者は利用者数・口コミ多く知名度が高めです。

老舗のクレジットカード現金化業者特集!創業10年以上の実績を見る

運営者の情報が詳しく記載されている業者を選ぶ

優良なクレジットカード現金化業者は、公式サイトで運営会社情報や会社概要がしっかり記載されています。

住所や電話番号、メールアドレス、代表者名などが詳しく記載されているぎは信頼性が高いです。

マジ危険!悪徳現金化業者の罠や詐欺手口と危険な悪徳業者を見抜く方法まとめ

クレジットカード現金化で失敗の原因まとめ

クレジットカード現金化で失敗をしたくないのなら、クレジットカード現金化の優良業者を選ぶことが非常に重要です。

公式サイトの情報やネット上のランキング・口コミ評判などを参考にして自分に合った業者を慎重に選びましょう。

以上、クレジットカード現金化で失敗するのはなぜ?失敗する原因…でした。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね