クレジットカード現金化に本人確認は不要?必要な書類や身分証ありなしを調査

クレジットカード現金化本人確認

クレジットカードを現金化する際、本人確認が必要なのか?個人情報を提示しても問題ないのか?など少なからず不安を抱える方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では以下の内容を詳しく解説していきます。

この記事を最後まで読むことで、クレジットカード現金化の本人確認に関するさまざまな疑問を解決することができます。

これからクレジットカード現金化業者を利用する人は、安心してサービスを利用するためにもこの記事を是非しっかり読んで参考にしてください。

クレジットカード現金化は本人確認不要?タイプ別で調査

まずは、クレジットカード現金化では必ず本人確認が必要なのか?という疑問に対して解説します。

クレジットカード現金化には、「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類の形態のサービスがあります。

サービスの形態によっても本人確認のルールは異なるので、それぞれの場合について詳しく説明します。

本人確認が必要!買取方式の現金化業者

「買取方式」のクレジットカード現金化業者では、商品を買取することで代金として現金を振り込むサービスを行っています。

つまり、このタイプのクレジットカード現金化業者は無店舗型のネット上の現金化業者ではあっても、実店舗を構えるリサイクルショップや金券ショップのような買取店と同様のサービスを提供していることになります。

このような買取方式のクレジットカード現金化業者では、実店舗のある買取業者と同様に「古物営業法」という法律に従って営業しなければなりません。

ポイント

盗品を売却するような不正利用を防ぐためにも、商品の買取時には身分証明書によって利用者の氏名や住所、年齢などを確認することが義務付けられています。

以下は、古物営業法第十五条(確認等及び申告)からの引用です。

「古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
一 相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。二 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること」

引用元:古物営業法第十五条

「買取方式」のクレジットカード現金化業者で、本人確認が行われるのは法律に義務付けられているためで、個人情報を悪用する目的ではないということです。

「買取方式」現金化業者の申し込みの流れ

「買取方式」のクレジットカード現金化で申し込みをする流れを説明します。

step
1
申し込み

電話またはWEBの専用フォームから、クレジットカード現金化業者に申し込みをします。

step
2
本人確認

公的な身分証明書(運転免許証・住民基本台帳カード・パスポートなど)の提示による本人確認を行います。身分証の画像をアップロード・送信することで、本人確認を行うことができます。

また、本人確認のために担当者からの電話がかかってくることも多いです。申し込みの際に電話連絡を希望する時間帯を指定し、確実に出られるようにしておきましょう。

電話連絡では、本人確認とともに利用に関する説明も行われます。

step
3
商品の購入

スタッフの指示に従って指定された商品を、クレジットカード決済でオンライン購入します。

step
4
振り込み

購入した商品の買取が行われます。買取代金が指定した、金融機関の口座に振り込まれます。

商品は業者側に買い取られる形となるので、後日自宅に届くことはありません。

買取方式でおすすめの現金化業者

買取方式のクレジットカード現金化サービスを採用している、特におすすめの業者を紹介します。

プライムウォレット
プライムウォレット

公式URLhttps://prime-wallet.com/
営業時間9:00〜20:00
最大換金率98%
入金までの時間最短10分
キャンペーン24時までの前日予約で換金率5%アップ

高換金率と、スピーディーな即日振込が魅力です。土日祝日も年中無休で営業していて、急にお金が必要になった時にも大変便利です。

支払い方法は分割(24回まで)やリボも選択できるので、無理なく利用することができます。これまでのクレジットカードトラブルは0件で、安全性の非常に高い優良業者です。

LINEからも、手軽に見積もり依頼をすることが可能です。

スピードペイ
スピードペイ

公式URLhttps://speed-pays.com/
営業時間9:00〜20:00
最大換金率100%
入金までの時間最短10分
キャンペーン新規利用者限定で最大還元率100%

スピードペイでは、新規利用者なら最大100%という驚きの還元率が適用されるのが、注目すべきポイントです。見積もりは最短3分で、LINEでも手軽に依頼することができます。

見積もりから振り込みまででも最短10分という迅速な対応で、申し込みをしたその日のうちに現金を調達することが可能です。

個人情報の管理も厳重で、クレジットカード利用停止などのトラブル事例もありません。

クレジットカード現金化業者はクレジットカード現金化優良店ランキング【2022年最新】でも紹介しています。是非ご覧ください。

キャッシュバック方式の業者は本人確認が不要なケースも!

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者では、クレジットカードで商品を購入した際のキャッシュバック特典として、現金を振り込むサービスを行っています。

商品買取方式とは異なり売買取引は行われないので、古物営業法に基づいた本人確認は義務付けられていません。

ポイント

つまり、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者では、本人確認をせずに取引をしても違法行為とはなりません。

ただ、不正利用を防ぐ目的でキャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者でも、初回利用時には本人確認を求められることが多いので、身分証明書の提示が必要かどうかについては事前に確認しておきましょう。

「キャッシュバック方式」現金化業者の申し込みの流れ

「キャッシュバック方式」のクレジットカード現金化で、申し込みをする流れを説明します。

step
1
申し込み

電話またはWEBの専用フォームから、クレジットカード現金化業者に申し込みをします。

step
2
本人確認(必要な場合)

初回利用時には、キャッシュバック方式の現金化業者でも本人確認をされる場合があります。

身分証明書(運転免許証・住民基本台帳カード・パスポートなど)の提示による本人確認を行います。身分証明書の画像をアップロード・送信することで本人確認を行うことができます。

また、本人確認のために担当者からの電話がかかってくることも多いです。申し込みの際に電話連絡を希望する時間帯を指定し、確実に出られるようにしておきましょう。

電話連絡では、本人確認とともに利用に関する説明も行われます。

step
3
商品購入

スタッフの指示に従って指定された商品を、クレジットカード決済でオンライン購入します。

step
4
振り込み

クレジットカード決済完了後、指定した金融機関の口座にキャッシュバックという形で現金が振り込まれます。

あくまで、特典として現金が振り込まれる形となり商品は自分のものとなるので、購入した商品は後日自宅に届きます。商品の受け取りをすることで、取引完了となります。

中には、受け取りが不要な電子商材などを取り扱う現金化業者もあります。

キャッシュバック方式でおすすめの現金化業者

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化サービスを採用している特におすすめの業者を紹介します。

どんなときも。クレジット
どんなときも。クレジット 現金化

公式URLhttps://donnatokimo-c.com/
営業時間9:00〜18:00
最大換金率98%
入金までの時間最短5分
キャンペーン24時間限定最大換金率保証キャンペーンあり

申し込みから振り込みまでが最短5分という、業界トップクラスのスピード振込を行っています。希望の換金額をカスタマイズすることができ、手数料なしでお得に現金化をすることが可能です。

満20歳以上満68歳以下の自分名義のクレジットカードを持っている人なら、職業や収入にかかわらず審査不要で利用することができます。

自宅に利用明細書が届くことはなく、オンラインショッピングの要領で気軽に現金化をすることができます。

買取方式とキャッシュバック方式のクレジットカード現金化は、申し込みから本人確認、クレジットカードでの商品購入の流れはほぼ同じですが、購入した商品を買い取ってもらうか、後日自宅に届くかという点に違いがあります。

ココがポイント

法的には、買取方式のクレジットカード現金化業者では必ず身分証の提示による本人確認が必要。キャッシュバック方式の現金化業者は初回利用時に本人確認が行われます。

どちらの形態の現金化業者を利用する場合でも、初回利用時には本人確認は必須であると考えて身分証を用意しておいた方が確実です。

クレジットカード現金化の本人確認に必要な書類について

クレジットカード現金化の、本人確認に必要な書類について説明します。

本人確認では、基本的に身分証明書のみの提示が求められます。
利用申し込み時に入力した個人情報と、身分証明書の情報が一致しているかどうかの確認が行われます。

クレジットカード現金化業者を利用する際に、本人確認で有効となる身分証明書の例を以下に挙げます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 年金手帳
など。

ポイント

ただし、健康保険証など顔写真のついていない身分証明書の場合は、表裏両面の画像の他に自分の顔を写したセルフィーも必要となることが多いです。

上記の身分証明書を提出できない場合は、3ヶ月以内に発行された公共料金の請求書または領収証、住民票などから複数の書類を提示できればOKという業者もあるので、相談してみましょう。

クレジットカード現金化は電話なしでも申し込み可能?

クレジットカード現金化は、取引がWEBのみで完結すると思われがちですが、実は本人確認の際に電話連絡が必須となる現金化業者も多いです。

ポイント

特に、古物営業法に基づいて本人確認が必須となる買取方式のクレジットカード現金化業者では、身分証の画像による本人確認だけではなく、担当者から電話連絡が来ることでさらにしっかりと確認が行われます。

電話連絡は、本人確認以外にもサービスの案内をする目的でも行われるので、現金化業者からの電話に応じないままでいると手続きを進めることができません。

WEBから申し込みをする際に、希望の電話連絡の時間帯を入力できることが多いので、確実に電話に出ることのできる時間帯を選択しておきましょう。

クレジットカード現金化が身分証なしでは不可な理由

クレジットカード現金化を行う際に、身分証なしでは断られてしまう理由はいくつかあります。

それぞれの理由を以下にまとめ、詳しい内容について説明します。

古物営業法で義務付けられている

特に、クレジットカード現金化業者の中でも買取方式の現金化業者は、実店舗型のリサイクルショップや買取専門店などと同様に古物営業法という法律を遵守して、サービスを提供する必要があります。

古物営業法では商品買取時に本人確認を必須としているため、このような現金化業者を利用する場合でも、運転免許証などの身分証を提示しなければなりません。

ポイント

買取方式を採用しているにもかかわらず、身分証明書の提示を不要とし本人確認をしない現金化業者は違法行為をしていることになります。

身分証明書の提示に抵抗を感じる人もいますが、決して個人情報を悪用する目的ではなく、むしろ法律を守って営業しているということになり信頼性が高いです。

クレジットカードの不正利用を防ぐため

古物営業法による本人確認が義務付けられていない、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者であっても、初回利用時に身分証による本人確認が必須という業者は多いです。

これには、他人のクレジットカードを悪用して現金化しようとする犯罪行為を防ぐ目的があります。

クレジットカードの情報と、身分証明書に記載されている情報が一致するかを確認しなければ、不正利用されてしまうケースもありえます。

クレジットカード現金化では、高額のお金をやりとりするためその分リスクも高いです。

ポイント

悪質な利用者と取引を行うことには、クレジットカードの持ち主に被害が及ぶだけではなく現金化業者が被害に巻き込まれることにつながるので、特に新規の利用者に対しては必ず身分証明書による本人確認を行うというルールが主流となっているのです。

クレジットカード現金化申し込みの際に気をつけたい2つの事

クレジットカードカード現金化を申し込む際に、頭に入れておきたい2つの注意点に関して説明します。

トラブルを防ぐためにも、申し込みをする前に確認しておきましょう。

身分証なしで現金化できる現金化業者は安易に利用しない

ネット上のクレジットカード現金化業者に、個人情報を提供したり身分証を提示することに不安や抵抗を感じる人もいますが、かといって身分証による本人確認が不要という現金化業者を安易に利用するのは危険です。

ポイント

特に、買取方式の現金化業者で身分証なしで利用可能という場合は違法行為にあたるため、信頼性・安全性の面で非常に不安があり、おすすめすることができません。

換金率があまりにも低い・なかなか振り込まれないまたは結局振り込まれないなど、詐欺によるトラブルに巻き込まれる可能性があります。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者であっても、本人確認を必須としている業者の方がセキュリティ対策が万全であると考えられます。

本人確認・身分証の提示が不要だという業者がある場合、個人情報を提供しなくてすむとプラスに考えてしまいがちですが、むしろ不審に思って避けることをおすすめします。

本人確認があるからといって信用できる業者だとは限らない

クレジットカード現金化業者での身分証による本人確認は、本来は法律に従い、不正利用を防ぐために行われます。

ポイント

ただ、中には個人情報の管理が杜撰で漏洩してしまう業者や、外部と売買するなど悪質な目的を持つ業者も存在する可能性はあります。

そういった場合、どのようにして見極めればいいのかというと、まずは公式サイトを隅々までチェックして、会社概要に連絡先や所在地、買取方式の現金化業者であれば古物営業許可番号が記載されているかを確認しましょう。

また、ネット上の口コミ評価も信頼できる業者かどうかを判断する際に、大変参考になります。

口コミ評判が極端に悪かったり、あるいは全くないような業者は避けるようにしてください。

ただし、不自然な絶賛コメントしかない業者は関係者が工作している場合もあるので、良い口コミと悪い口コミの両方に目を通して、総合的に優良業者であるかを判断しましょう。

クレジットカード現金化 本人確認についてのQ&A

クレジットカード現金化の際の身分証はどれが好ましいですか?

クレジットカード現金化で身分証は絶対に必要なのですか?

クレジットカードの本人確認は身分証の画像だけでOKですか?

クレジットカード現金化の本人確認の電話は職場にもかかってきますか?

クレジットカード現金化業者で本人確認が不要の業者を見つけましたが利用しても大丈夫でしょうか。

クレジットカード現金化の本人確認・身分証の有無についてまとめ

以上、クレジットカード現金化に本人確認は不要?必要な書類や身分証ありなしを調査でした。

クレジットカード現金化業者を初めて利用する場合には、必ずといっていいほど身分証の提示を求められるはずです。

ポイント

クレジットカード現金化における本人確認は個人情報を悪用する目的ではなく、古物営業法という法律を遵守していることや、クレジットカードの不正利用を防ぎ利用者と業者の双方のリスクを防ぐためです。

個人情報を提供することに不安や抵抗を感じる場合は、信頼できる優良業者を選ぶことで安心して利用することができます。

公式サイトの情報や実績の長さ、利用者の口コミ評判を参考にして安全性の高いクレジットカード現金化業者を選びましょう。

身分証を提示する必要のないというクレジットカード現金化業者は、かえって怪しいので警戒する必要があります。違法な業者である可能性もあるので、安易に利用することはやめましょう。

安全にスムーズにクレジットカード現金化をしたいなら、申し込み前に運転免許証などの身分証を手元に用意しておきましょう。

また、電話による本人確認が同時に行われることも多いので、申し込みの際に希望の時間帯を伝えとおくことで、行き違いを防ぎスピーディーに取引を進めることができます。

この記事で読んだ内容を参考にして、信頼できる優良業者を利用してクレジットカード現金化を行いましょう。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね