auPAY(auペイ)を現金化!残高を現金にする方法と注意点

auPAY現金化

様々な決済方法で利用できるauPAYですが、その便利さゆえに余分にチャージしてしまった残高を現金に戻したいという方も多いのではないでしょうか。

auPAY残高は同じauグループである「じぶん銀行」の口座に出金することが可能となっていますが、一部の手段でチャージした残高はじぶん銀行には送金できないので注意が必要です。

など詳しく解説していきます。

特に、払い出しできないauPAYの残高を持っている方は是非参考にしてみてください。

auPAYとは?

auPAYとは通信会社KDDI及び沖縄セルラーが提供する通信事業サービス「au」のブランド名を冠したコード決済です。
元々は「au WALLET」という名称で提供されていましたが、2019年からはauPAYへと名称変更しauユーザー以外にも対象利用者を拡大させています。

利用者auユーザー以外も対象
決済方法コード支払い
ネット支払い
請求書支払い
プリペイドカード支払い
チャージ手段auかんたん決済
auPAYカード
auじぶん銀行
コンビニATM
Pontaポイント
クレジットカード

基本的にauPAY決済を導入している店舗でならスマホ画面を見せるだけで簡単に決済を完了させることが可能となります。

具体的な決済時の手続きには店員がバーコードを読み取ってくれるパターンと自分で店頭のQRコードを読み取って利用金額を入力するパターンとがあります。

どちらの場合もauPAYのアプリ画面を開くためにはスマホの通信が必要になりますが、その際にau回線は必須ではなく別事業者の回線であってもauPAYは利用可能です。

またauPAYでは先に残高にチャージを済ませておき、その残高内で支払いをする仕組みになっています。

チャージ方法には「現金・クレジットカード・銀行振込・プリペイドカード・ポイント変換」といった様々な方法が用意されています。

チャージ対応のコンビニATM

現金チャージに対応するのは「セブンイレブンATM・ローソンATM・auショップ」です。
クレジットカード入金は各カードブランドに幅広く対応していますが「auPAYカード」と連携させることによって、さらにお得な買い物ができるようになります。

銀行振込も同じようにauブランドである「auじぶん銀行」と紐づけることによって特別なメリットを受けることが可能です。

特に一旦auPAY残高にチャージしたお金を再び現金として引き出したい場合には、じぶん銀行と連携させるメリットが非常に大きくなることを覚えておきましょう。

出金できるauPAY残高は「じぶん銀行」で現金化

以下の手段でチャージした残高は「じぶん銀行」で現金として出金(払出)することができます。

  • auじぶん銀行
  • 銀行口座
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • Pontaポイント
  • ローソン店頭
  • auショップ
  • au PAY スマートローン

一部を除き、基本的に現金でチャージした残高は出金が可能ということになります。

また、他行への送金はできないため、出金する際は「じぶん銀行」の開設が必要になります。

auPAYを積極的に利用するならじぶん銀行の口座をあらかじめ開設しておくのが望ましいと言えるでしょう。

じぶん銀行の口座からauPAY残高を引き出すための手順

auPAYにチャージした残高の払出は以下の手順で行うことができます。

ここからは順番に、現金を引き出すまでに何をするべきなのかを解説していくことにしましょう。

ステップ①じぶん銀行口座を開設する

じぶん銀行に口座を持っていない場合はまず口座開設手続きを行いましょう。

開設手続きはオンラインのみで完結し、アプリ経由で行うとさらに必要手続きが短縮できるようになっています。
そのためアプリをダウンロードして申し込みを進めるのがおすすめです。

また通常のオンライン手続きではキャッシュカードが手元に送られてくるまで口座を利用することはできませんが、アプリ経由の手続きならキャッシュカード到着前に口座を使うことも可能となります。

ステップ②auPAYアプリとじぶん銀行口座を紐づけする

次にauPAYアプリ内で銀行口座との紐づけ作業を行い、じぶん銀行の口座を登録します。

「じぶん銀行」→「送金・払出・オートチャージを申し込む」の項目からパスワードと口座番号を入力することで紐づけが完了します。

ステップ③auPAY残高の払出操作をする

auPAYアプリ内で「払出する」をタップして希望金額を入力すると、じぶん銀行口座への現金化が進みます。
ただしこの時点ではauPAY残高からじぶん銀行の口座にチャージ金が移っただけなので、手元に現金を引き出すためには実際にATMに向かう必要があります。

ステップ④コンビニATMでauPAYを出金

じぶん銀行は自前のATMを持っていないため、利用できるのは「セブン銀行・ローソン銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」のATMと「E net」提携のコンビニATMで出金が可能です。

「E net」と提携コンビニはファミリーマートとデイリーヤマザキが代表格です。

他にもサンドラッグやドン・キホーテに設置されているATMも「E net」対応であるため、じぶん銀行の口座が使えるATMは意外と多いと言えます。

またATMを利用するにはキャッシュカードの挿入が必要となるため、じぶん銀行アプリで口座開設した場合もこの段階までにはキャッシュカードを準備しておくようにしましょう。

auPAYのチャージ手数料や出金手数料及び出金上限額について

auPAYの手数は以下のとおりです。

auPAYの手数料
出金チャージ
手数料・払出手数料は2万円までは220円
・2万円以上 出金額の1%
無料

チャージ自体に手数料はかかりませんが、出金する際は金額に応じた出金手数料がかかります。
また一度に出金可能な上限額は10万円です。

ちなみに、一度に出金可能な上限額は10万円。ATMからの現金によるチャージは1日に最大50万円まで。auPAY残高の最大金額は100万円までとなります。

出金できないauPAY残高を即日現金化するには?

クレジットカード、auPAYプリペイドカード、auかんたん決済の手段でチャージした残高は、じぶん銀行で出金(払出)できないため、以下の方法で現金化する必要があります。

ここからはそんな本来現金化できないはずの残高を最短即日で現金化する秘密のテクニックについて解説していきましょう。

auPAYにも対応している「後払い現金化業者」を使う

出金できないauPAY残高を現金化するもっとも簡単な方法は、専門の現金化業者に依頼をすることです。

ポイント

現金化の専門業者では主にauPAYプリペイドカードとの紐づけを行うことで「プリペイドカードへのチャージ→特定商品の購入→商品を売却して現金化」という手順での残高現金化を可能とします。

それでは特におすすめとなる3つの業者を紹介しながら具体的な業者利用の方法について解説していきましょう。

即日アリアちゃん

即日アリアちゃん
公式サイト:https://sokujitsu.aria-inc.co.jp/

「即日アリアちゃん」はキャリア決済やキャリア対応コード決済の残高を現金化することを専門とする業者です。

auだけでなくNTTドコモとソフトバンクのキャリア決済現金化にも対応しており、最短10分という入金までのスピードも相まって人気を集めています。

プリペイドカードを使ったシンプルな商品買取方式の現金化システムを採用しているため、現金化がau側に知られてしまう可能性もゼロとなっています。

バンクレジット

バンクレジット
公式:https://bancredit.biz/

バンクレジットはauPAYを始めとする様々なタイプの後払い決済に対応する現金化業者です。

キャリア決済だけでなくPaidyやバンドルカードといった、いわゆる後払いアプリの多くにも対応している点は特に魅力となっています。

また初回の利用時も入金まで最短10分、2回目以降のリピート利用時になると最短3分での振り込みができるところも大きなメリットです。

ペイチェン

ペイチェン
公式サイト:https://paychan.net/

ペイチェンはプリペイドカードを使うことで多数のクレジットカード現金化や後払いアプリ現金化に対応する業者です。

初回の換金率が90%に達するだけでなく、2回目以降も85%の換金率を提示している点が特徴となっています。

現金化業者を利用するための手順

業者を利用する際の主な流れは

  • 公式サイトから申込
  • 申込フォームに必要情報を入力
  • 業者から指定されたサイトで商品を購入
  • 口座に現金が振り込まれる

専門業者を利用するためには、まず業者の公式サイトから申し込みをする必要があります。換金率や入金までのスピードを比較して、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

後払いの現金化は借金には当たらないため、利用時に収入証明や与信調査が要求される心配はありません。
たとえ金融ブラックリストに掲載されている状態でも、現金化に使う残高を有していれば問題なく利用することができます。

すでにauPAYを使っていて払出ができない残高を現金化しただけであれば、業者に申し込みをしたあとの手続きは指定の商品を購入するのみとなります。

残高を使って指定商品を購入すると、自動的に業者側が買取の手続きを進めて中古転売の形で現金が振り込まれてくることになります。

この現金化に使われる商品については業者ごとに違いがありますが、デジタルデータ商品を使った場合は実際に商品が送られてくることはなくネット上のやりとりだけで完結します。

郵便局でauPAYを使い切手シートなどを購入

auPAYはキャッシュレス化を推進する全国の郵便局でも使うことができます。
2020年の段階ではauPAYの還元キャンペーンの対象に郵便局も含まれていたため、そこで購入した切手などをさらに金券ショップに転売することで利益を得る行為が問題視されることもありました。

残念ながら現在は郵便局でのauPAY利用はキャンペーンの対象外とされるようになってしまいましたが、普通に切手を購入するだけなら今も問題なく行うことができます。

つまりauPAY残高で切手を購入して、それを売却することで現金化することは現在でも可能ということになります。

換金率という点では専門業者に劣ってしまうことが多く、また自分で購入と転売を行う手間もかかりますが、業者を頼りたくないと考えている人にとっては現金化の有力な選択肢となることでしょう。

ちなみに切手を現金化に使う際には、切手シート単位での購入と売却を行うと効率的です。

ただし切手シート買取の基準は金券ショップごとに異なるので、必ず購入前に売却先をどこにするか下調べを済ませておくようにしましょう。

auPAYマーケットで購入した商品を転売する現金化方法

aupayマーケットで現金化
auPAYマーケットで購入した商品を転売することでも、結果的にauPAY残高の現金化を達成することが可能です。

しかし商品を自力転売する形での現金化にはいくつか注意点があります。

  • 換金率が低くなりやすい
  • au側から怪しまれる可能性あり

一番の問題は換金率が低くなりやすい点で、商品の選び方によっては換金率が50%を切ってしまうことも珍しくありません。

たとえば最新のゲーム機や限定のブランドグッズなどは発売開始前からauPAYマーケットに張りついていないと購入することは難しいため。単に現金化をするためにそこまでの手間をかけるのは割りに合わないと言ってしまっていいでしょう。

また、転売に向いた商品をauPAYで購入するとau側から怪しまれる危険も増してしまいます。

こうした理由から、auPAYマーケットを利用しての残高現金化はかなり限られたシチュエーションでのみ有効な方法となるでしょう。

専門業者に依頼するほどではない比較的小さな金額を現金化するのに使うといった方法がおすすめです。

auPAYを現金化する際の注意点

最後にauPAY残高を現金化する際は以下のような注意点があります。

  • auの規約に違反する可能性がある
  • auPAYは返品での現金化はできない

慎重になっておくべきいくつかのポイントについて、おさらいしておきましょう。

auPAY残高の現金化は合法だがauの規約違反にはなる

auPAY残高の現金化は特に違法行為にはなりません。
通常の買い物のあと中古品を売りに出すのと形式的には何も変わらないため、法的な規制を受ける心配はしなくていいでしょう。

ただし、だからといって大っぴらに現金化をしていいわけでもないのがauPAY残高現金化の難しいポイントとなります。

正式な払出ができない残高にはそれなりの理由が存在しており、au側にとってもそれは無視できない問題を含んでいるからです。

たとえばクレジットカードでチャージした残高を現金化されてしまうと、そのリスクはauではなく提携しているクレジットカード会社に向かうことになります。

同じようにauが責任を負うように見えるキャリア決済やクレジットカード事業においても、細かく事業部は分かれていることもあってauPAYだけの一存では責任を負いきれない事象が多々あることは言うまでもありません。

そうした様々なリスクに対応するため、auPAYでは独自の規約によって「残高の現金化に繋がる転売目的の決済」を厳しく禁止しています。

注意

特にauPAYマーケットなど購入履歴の追跡が簡単なネットショッピングで転売向けの決済を行うと不正利用の疑いで調査が入る確率が上がるため、細心の注意が必要です。
逆に現金化の専門業者はそうした追跡が絶対に入らないノウハウを持っているため、安全確実に現金化をしたいならやはり専門業者を使うのがおすすめとなります。

auPAYは返品による現金化は不可能

auPAYで購入した商品を返品してもauAPY残高が購入前に戻るだけで、現金を受け取ることはできません。

また、通常1週間~10日以内に残高へ返金されますが、場合によっては最大で45日程度かかってしまう可能性もあります。

auPAY現金化の方法まとめ

以上、auPAYの現金化について解説してきました。

この記事をまとめると

基本的に現金でチャージした残高は「じぶん銀行」で出金できる
現金以外でチャージした残高はauPAY対応の現金化業者の利用がおすすめ

auPAYはauユーザー以外にも利用者を広げている将来性豊かなコード決済サービスです。

しかし残高のチャージやその残高の現金化には独特の癖があるため、auPAYを使いこなすためにはその特徴を十分に把握しておくことが求められるでしょう。

特にチャージと出金(払出)のシステムにはau関連の独自色が強く、普段からau関連のサービスに触れていない人にとっては特に戸惑うポイントになります。

払出のために「じぶん銀行」の口座が必要になる点はその最たるものと言えるでしょう。

auPAYのためにじぶん銀行口座を用意したくない人や、正規の方法で出金できないタイプの残高をチャージしてしまった場合は裏技的な方法で現金化を行うのがおすすめです。

auPAY残高の現金化には専門業者を使う方法、切手などを売る方法、auPAYマーケットで購入した商品を転売する方法などがあります。

ここで紹介した現金化の知識を活かして、より豊かなauPAYライフを満喫しましょう。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね