Appleギフトカードを現金化するとバレる?最悪なケースや疑われた時の対策

Appleギフトカードの換金を考えている際に、その発覚リスクが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、そのカード売却と発覚リスクについて詳しく解説します。

目次

Appleギフトカードの現金化が簡単にはバレない理由

カードの所有権の解釈

Appleギフトカードの売却が発覚しにくい理由の一つとして、『そもそもAppleギフトカードは、購入した時点でカードの所有権が購入者のものとなるから』という解釈が存在している点が挙げられます。

そのため、所有権が購入者のものとなっているカードを売却しても問題がないという解釈をとる場合であれば、売却行為自体も発覚しにくい構造とされているのが特徴です。

Appleギフトカード(iTunesカード)の種類!買取可能なタイプとは

換金目的で購入されたことを証明するのが困難

これは他の商品を利用した現金化でも共通して言えるポイントですが、現金化目的の購入と通常の目的での購入は客観的に見分けがつかないというのも、発覚しにくい要因となっています。

そのため、あからさまに不自然な購入動向でない限り、確実に現金化目的で購入していると証明することができず、売却が発覚しにくくなっているのが特徴です。

コードは通常、購入者しか確認できない

Appleギフトカードのもう一つの特徴として、第三者には購入者のコードを知るのが難しいというポイントがあります。

そのため、実際にカードを購入した購入者自身が口外しない限り、当該カードのコードが第三者に漏れることはないというのが特徴です。

したがって、そのAppleギフトカードを売却したということ自体も、本人以外に知り得るのが難しくなっています。

Appleギフトカードの換金がバレたら何がやばい?

カード会社から2回確認電話がある

Appleギフトカードの現金化を行っているとカード会社に疑いの目を向けられた場合は、カード購入に関する確認電話がかかってきます。

基本的に1度目の電話からペナルティを受けるということはありませんので、電話があった場合は現金化の意図はなかったと伝えましょう。

ただし、2度目の電話の場合はかなりの疑いを受けている状態と考えられますので、購入意図やカードの使用用途などを詳しく答えられるようにしておく必要があります。

カードの利用停止・強制退会措置も

カード会社からの電話連絡の後に、現金化行為が間違いないと判断された場合は、ペナルティとしてカードの利用を停止されるという状態になります。

また、それに伴い強制退会措置をとられることになり、以後そのカードを使用できなくなってしまうというリスクがあるので、これらの点は事前の注意が必要です。

Appleギフトカードの換金が発覚した場合の対処法

カード会社の電話では換金目的ではないと伝える

上の項目でも述べた通り、1度目の電話であればあくまで事実確認というケースが多いです。

そのため、まずは現金化目的ではない・現金化の意図はなかったという事実をオペレーターにきちんと伝えましょう。

2回目の電話がかかってきた後は注意を

1度目の電話とは異なり、2度目の確認電話があった場合は要注意です。

2度目の確認の際はカード会社側もかなりの疑いを持っているケースが多いですので、以後そのカードは疑われない利用方法に徹するよう努めましょう。

また、2度目の電話の際は1度目よりもカードの購入目的を詳しく聞かれることが考えられますので、しっかりと答えられるようにしておく必要があります。

カード会社に謝罪・対策を約束する

以上のように繰り返し電話確認があった際は、疑われるような事態になったことを素直に謝罪するようにしましょう。

また、今後同じようなことが起きないよう対策を約束しておくのも重要です。

Appleギフトカード現金化を疑われないための対策

購入頻度や購入額に注意

Appleギフトカードを購入した際に、不自然であると疑われるパターンとして、目立ちやすい購入頻度や購入額での購入を繰り返しているケースが挙げられます。

そのため、通常目的での利用では考えられないような頻度で購入を繰り返したり、上限額一杯の金額で購入するのは避けるようにしましょう。

普段から通常目的でカードを利用する

使用しているカードの利用目的がAppleギフトカードの購入のみであると、やはり不自然な利用動向として疑われやすくなってしまいます。

そのため、Appleギフトカード購入用のカードであっても、通常の買い物などでの使用を並行して行うことで疑われにくくすることが可能です。

安全なサイトで換金を

根本的な対策法ですが、換金を行う際は安全性に優れた優良買取サイトで行うようにしましょう。

優良店であれば個人情報の管理などもしっかりしているので、リスクも極力減らすことが可能です。

Appleギフト(iTunesカード)買取サイトおすすめランキング【2024年03月】

換金を口外しない

上の項目でも述べた通りAppleギフトカードの購入者コードは、購入者本人が口外しない限り第三者が知る方法はほとんどありません。

そのため、売却したということを他者に話さないようにすることで、発覚のリスクをより下げることが可能です。

まとめ

以上のようにAppleギフトカードの換金は、基本的な注意点を把握していれば発覚するリスクを下げることは可能となっています。

そのため、これらも注意点を事前にしっかりと理解しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次