Amazonギフト券詐欺の種類!詐欺被害に遭わないための対策

人へのプレゼントや懸賞などでも多く利用されているAmazonギフト券。

換金性も高いので現金化などにも利用されていますが、それだけに詐欺に遭ってしまう人も多くいます。

この記事では、そんなAmazonギフト券にまつわる詐欺について解説します。

目次

実際にあったAmazonギフト券詐欺のニュースを紹介

・4億円の遺産入る?相次ぐギフト券詐欺、止めるコンビニ
https://www.asahi.com/articles/ASN976S43N8TULOB015.html

・知らぬ間にギフトカードを大量購入 アマゾンで不正アクセス被害、SNS投稿相次ぐ
https://www.sankei.com/article/20230921-XY2SOTTSSVH2NJFFB3FZSAWL5E/

・もしランサムウエアの支払いがAmazonギフト券だったら
https://xtech.nikkei.com/it/atcl/column/17/050800181/090600010/

多くのニュースに共通するのが、Amazonギフト券を実質的に通貨のように利用している詐欺の手口です。

Amazonギフト券は換金性が高く購入も簡単なため、現金のやり取りには抵抗があったり、ルール上難しい場合でも、Amazonギフト券ならばやり取りができてしまうので、そこが詐欺にとっての狙い目となっているようです。

Amazonギフト券で詐欺被害に遭ってしまった人たちの口コミ

友人にAmazonギフト券をもらいましたが、特に使い道もなかったので買い取り業者に買い取ってもらうことに。ところがコードを入力して待つも一向に入金が無し。完全に騙されました。

息子がまったく知らない人にAmazonギフト券を騙し取られててショック・・・
SNSでDMしてきた人に取られてしまったらしい。ずっと黙ってたらしいが明細を見て発覚、どうしたらいいんだこの感情。

チケットを譲ってもらえるというからAmazonギフト券のコードを送ったらバックレられた!
怪しいとは思ってたけどどうすりゃよかったんだろ。詐欺野郎本当クソ腹立つな

とあるところで買ったアマギフ使おうとしたら「ロックされました」って・・・
どうやら詐欺から買ってしまったらしい。売っても向こうが通報すればロックできるとか?よくわからないけどお金だけ取られた

詐欺に遭うのは、当然かもしれませんが、ほとんどが見も知らぬ相手との取り引きによるもののようです。

どれだけ美味しい話に見えても、よくわからない相手との個人的な取引はするべきではないでしょう。

また買い取り業者にも悪質なものが多くあるので、しっかりとした信用できる業者を検証してから利用すべきだと言えそうです。

Amazonギフト券詐欺の種類

SNSをプレゼント企画に注意

Twitter(X)などを利用していると、プレゼント企画を見かけることも多くありますよね。

大手のしっかりした企業のものならば問題ありませんが、得体のしれないアカウントがAmazonギフト券をプレゼントすると言っていて、応募すると変なDMが来たり、リンクを紹介されたりします。

迂闊にそうしたリンクを踏んだり登録してしまうと、金銭的な詐欺に遭ってしまうことも。

ゲームアカウントの売買で詐欺被害

ゲームアカウントの売買は規約で禁止されていることが多いですが、やむにやまれぬ事情で人に譲ることもあるでしょう。

しかしそうした場合、条件をAmazonギフト券などにすると、結局送られてこないといった詐欺に遭ってしまうこともあります。

ですがアカウントの売買自体が表沙汰にしにくいもののため、そのまま逃げ得になってしまうことも。

フィッシングメールは相手のメールアドレスを確認するようにしましょう

メールに書かれたリンクから特定の偽サイトに誘導し、個人情報などを盗み取るフィッシング詐欺。

典型的なネット詐欺の一つですが、公式を名乗られるとついつい騙されてしまう人もいるのが実情です。

そうならないためには、重要なお知らせなどが書いてあるメールが来た時に、アドレスが正規のものかきちんと確認することが大切です。

出会い系等のコミュニティサイトにも注意

出会い系サイトやマッチングアプリなども、詐欺の温床になりがちです。

原則的に匿名を重んじることや、美味しい話を求めている人が多いこと、そして後ろ暗い人も多いという点がその理由でしょう。

まずはコミュニティに慣れるまでは美味しい話には乗らないこと、そして安易に得をできることなど中々ないという認識を持つことが大切です。

乗っ取ったLINEアカウントで詐欺をしてくる

LINEはプライベートな情報交換が多いツールだけに、相手が乗っ取られていてもすぐに気づかずに信用してしまうというのが特徴です。

乗っ取られたアカウントは急用などを装ってAmazonギフト券の購入を求めたり、LINEのパスワードを聞いてきたりします。

怪しいと思ったらまずは電話など他の手段で本人に確認してみるといいでしょう。

悪質な買取業者による詐欺

Amazonギフト券の使い道がこれといって無い時、業者に依頼して現金化するということもよく行われています。

しかし悪質な業者に引っ掛かってしまうと、コードを送ったのに入金がされなかったり、入力した個人情報が悪用されてしまうことも。

サイトの運営会社などを確認して、信用できる業者かどうかをチェックしましょう。

Amazonギフト券買取詐欺業者の手口と見分け方

アマギフ詐欺に遭わないようにするための対策

事前に詐欺の手口についての知識を持っておく

詐欺の手口は多岐にわたり、警察の対策などに合わせて常にアップデートされています。

いつどこから隙を狙われるかわからないので、まずは基本的な知識を持っておくことが大切です。

そうした詐欺の手口について情報を蓄積しておくことで、新しい手口にも勘が働き、未然に防ぎやすくなります。

詐欺だけでなく、こちらも常に情報のアップデートを心掛けましょう。

Amazonギフト券のコードは安易に教えない

Amazonギフト券におけるコード番号はパスワードなどと同じで、知られた瞬間に相手にも使える権利が発生してしまいます。

詐欺にとってはそれを知った瞬間に成功が確約されると言ってもいいでしょう。

取り引きなどを行う際でも、最後の最後まで信用できる相手にしか伝えるべきではありません。

知らない人間や怪しい人物には十分な注意を払って、聞かれても安易にコードを教えないようにすることが大切です。

Amazonギフト券を正規に取り扱っている店舗しか利用しない

原則的に、Amazonギフト券はAmazonや提携する正規の店舗以外では買うべきではありません。

現実には様々な取引業者が存在し、多くの取り引きが行われていますが、そうした店舗・業者の利用はできることならば避けたいところです。

特に相場よりも極端に安い値段だったり、高い買取額の場合には安易に誘いに乗らず、十分な注意を払うべきです。

実際にAmazonギフト券詐欺の被害に遭ってしまったら?

被害届を警察に提出する

詐欺はれっきとした犯罪行為です。

もしも被害に遭ったなら、まずは警察に相談して被害届を出しましょう。

もしも売買の過程や被害に遭った状況が他人に言いにくいものだったとしても、それこそが詐欺の狙いで、警察に動かれにくい場所をあえて詐欺行為を行っているのです。

警察に相談することで警察も他の人が同じ被害に遭わないよう対策が立てやすくなるので、犯罪防止にも協力しましょう。

カード会社に連絡してみる

Amazonギフト券の購入に際してクレジットカードなどを利用している場合、カード会社によっては違法行為などによる請求は保証してもらえる場合があります。

カード会社の規約や被害の形にもよりますが、まずは相談してみるといいでしょう。

カードの場合は支払いが後になるため、本人に過失がない場合には何らかの対処をしてもらえることもあります。

消費生活センターに相談するのもあり

また消費者生活センターに相談してみるのも一つの方法です。

消費者生活センターは一般に悪質な業者や企業とのトラブルなどの相談に乗ってもらえるというイメージがありますが、詐欺被害についてもその対象の一つです。

警察のように犯人を捜すといったことはできませんが、まずしておくべき対策や、参考になる情報を教えてもらうこともできます。

Amazonギフト券詐欺のまとめ

Amazonギフト券は換金性が高いこともあり、売る場合でも買う場合でも詐欺の標的になりやすい特徴があります。

事前に情報を知っておく、怪しい相手とは取引をしないなどしっかりと対策をし、被害に遭わないように気をつけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次